2011年11月25日

昨日の記事への

万年山文庫あるじさんのコメントから。

生協の方々のいろんな取り組み、報告です。

仮設住宅は、「つくり急ぎすぎて空きだらけ」
まちの復興の道のりは遠く。

途方に暮れていても仕方ないし、心と心をつなぐことが
大事で、それが人を救うンですね。

ソフト、ハード、なんて分けるのもおかしくて、
「なにが必要か」を、それぞれできることをやっていくと。

今回フクシマにいって、なんか見え方が少しかわったような。

(トクシマ 内野輝明)



posted by ft at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。