2012年10月24日

何回か

紹介してきたZENKON湯、徳島初登場。

土日に藍場浜公園で開催された山と木と緑のフェアに、実物が
展示されました。

土曜の朝6時に集合、香川から齊藤さん石井さんも到着してみんなで
組み立て。二時間でほぼ組みあがったんかな。



IMG_7068.jpg
のれん掛け式(笑

実際建ててみると、よくできていることがわかるなあ。

板倉工法に似た落としこみで、薄い杉板とアクリル板が好きなところに
嵌められるようになっている。東北の寒い冬でも、バランス釜に火が
入って循環していれば建築全体が心地よく暖かいそうです。

時間をかけて沸かすお湯も、とろとろやわらかい肌あたりなんだそう。
床のスノコも気持ちいいし、「いい建築」だと思いました。

IMG_7071.jpg
興味もってのぞいてくれる方も多く。


IMG_7073.jpg
隣のブースでは、木造建築研究会の事前復興WGの展示。

古くからある地域での相互扶助の仕組み「講」(こう)をキーワードに。

木岐地区で年度内にまとめる予定の構想のスケッチになりました。
ソフトも含め本格的に多角的に検討を始めます。


IMG_7075.jpg
イメージモデルとイメージパネル


IMG_7078.jpg
ステージ上ではで齊藤さんの紙芝居的ミニ講演。

「売り込みに来たんじゃないんです。」
「自治体でいくつかずつでも準備しておけば、全国でかなりの数に」
「南海トラフばかりじゃありません、どこでなにがおこるかわからない」
「じぶんのこところの備えが、よそで役に立つかもしれない」

木造仮設住宅を例えば都道府県で100ずつ持っておけば
全国で5000近くに。なにかあったらすぐ送れますね。


IMG_7079.jpg
日曜日は、平野さんと木造建築研究会メンバーで、その、構想について
「木陰の作戦会議」(笑

有志が集まると、前向きに力が出るな。
さらにメンバーを膨らませてすすみましょう。




posted by ft at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: