2014年09月01日

平成26年度 第6回簡易耐震化工法検討委員会WGが

開催されました。

10月の試験の内容について、
フレーム製作担当の宮田さんと、建具製作担当の
富永さんにもご出席頂いて、詳細をつめました。

試験の結果をみながら、さらに試験ができたら
とい話も出ました。

次のステップとしては「欄間」の扱いですね。
これは次年度でしょうか。

空き家、特に古民家の改修にはこの強化障子による
簡易耐震化はかなり有用だと思われます。

佐那河内の空き家改修マニュアルへ織り込んで
いきたいと思います。活動同士の連携がこれからの
仕事ですね。

議事録はこちらです。






posted by ft at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。