2014年10月14日

第10回「木の建築賞」

二次審査が宇部で開催されました。

「こうのすまい」は作品部門での応募でしたが
審査の応答の中で活動部門に変更になり、結果、
現地審査にすすみました!

3.11、東日本視察、フクシマトクシマの会の
やり取りから実現していった仮設住宅試行から
始まった事前復興の取組み。

木造建築研究会の設立、事前復興WG立上げ、
木活協の支援を受けての研究、美波町職員の
方の敷地提供の申し出で実際に建つことになり、
WGの有志で基本計画〜実施設計、この春に
25年度分が竣工しました。26年度分も今
建設中です。

いわば木造建築研究会の実作第一号ですね。





二次審査の会場で配布された
IMG_2126.jpg
一次審査の作品集です。

応募者の皆さんの力の入ったプレゼン資料の中、
ひときわ目立つ

「建築・活動シート」こうのすまい(1).jpg「建築・活動シート」こうのすまい(2).jpg
絵本調。

一次審査でも、「何?」と話題になって、通った
そうですが、二次審査でも「よくわからないけど
見てみたい」という審査評でした。

現地に行けば、町のかたがたの思いでどんどん
変容してゆくさまを見てもらえます。

作品ではなくて活動で、あってますよね。
まだまだ完結しませんし、決してしないことを
願っています。

関係者の皆様ありがとうございました!!

(トクシマ 内野輝明)





posted by ft at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。