2015年11月18日

弁護士会からお声がけいただいて

「士」業のみんなで防災を考える
シンポジウム、の、都合で懇親会
だけにJIAのメンバーとして
松田会長と参加させていただく。

ここにもアツクルシイ人たちが。

広島での土砂災害での経験を語り
未被災地での意識高揚と事前準備
を説く広島の弁護士の方が来徳
されての会だった模様。

阪神淡路大震災の際、被災者の方々
からのいろんな相談にのってほしい
と行政から頼まれた際「場所もない」
と躊躇する弁護士達にむかってある
女性弁護士の方が

「私達は机と六法があればどこで
でも仕事できるでしょ!」て。

いいねー。我々建築「士」も、
鉛筆と机があればできることあるな。
そういう、「刀」のようなものが
ひとつあれば仕事できるのが士業
かな。

「一歩踏み出す」から
「一歩はみ出す」へ(笑

すばらしいキャッチフレーズも
共有されて、2時間、いい会でした。

我々○○士。別名「はみだ士」から
がんばらんなんな。

枠組みつくりよりも動き出しやな。

有志で始めた緊急住宅会議も、広がり
はじめます。そこがひとつ大きな
プラットフォームになりうるかも。




1335159342t0-photo3.jpg
緊急住宅試行「内原の風社」です。







posted by ft at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。