2016年03月03日

フクシマの

辺見さんと電話で話す。

戦後すぐにできた災害救助法を
見直すべき時期にやはりきている。

フクシマでの経験が「生かされて」
いっているという実感が無い。

いつまでたっても横の連携ができて
いかない・・・
話が通じていかない・・・


s-IMG_6036.jpg
こちらでは徳島県の応急仮設住宅
マニュアルの改定に(勝手に)取り
組み始めてもう二年。

今は担当の方と直接話ができる状況
になってきて、建築以外の関係者の
方と意見交換ができるようになって
きてもいる・・・。

・・・「建築以外の関係者」という
この言い方が如何におかしいかが、
話せば話すほど、というか福祉関係
の方のお話を聞けば聞くほどよく
わかってくるんよな。

弁護士会の方が書いてました、非常
時に連携するべき方々って・・・
それはつまり普段からお付き合いして
おくべき人々だろ?と。

うわほんまじゃと思ったところで。


辺見さんが発災直後からずっと
おっしゃっている、

「建築を考えるもうひとつ手前。
何かが起きる前の前これが大事。」

いうのがこの頃やっと沁みてきて、
建築はそれでもやはりとても大事
やけど、血が通ってないとあかん
なと、どんだけ多くの人々と共有
していかなあかんのかなと気が遠
くなりそうになりながらもいや、
いろんな(これ大事)人が安心し
て過ごせる、癒される建築つくる
という「基本」はほんなにむずか
しいことでないはず。

思ていこ。










posted by ft at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。